Windows 用のメモリ負荷ツール(testlimit.exe)を使ってみる

Windows

スポンサーリンク


システム開発していると、負荷試験の1つとして、メモリに高負荷を与えた状態でテストすることがあります。また、運用時に何らかの原因で、プログラムがタイムアウトし、動作しなくなり、その再現テストのために、メモリに高負荷を掛けたいこともあります。
開発者としては、テストや障害原因の調査等に役立つので、使用方法を知っておいた方が良いでしょう。

(1) testlimit ツールのダウンロード

TESTLIMIT.EXEは、さまざまなメモリリークの問題をシミュレートする無料のツールである。Microsoft の Developer サイトに Windows 用のメモリ負荷ツール「TESTLIMIT.EXE」があるのでダウンロードする。ZIPファイルの直リンクはこちら

(2) testlimit ツールの実行

ダウンロードした TESTLIMIT.ZIP を解凍する。
例えば、「1024MBのメモリを消費する」場合は、コマンドプロンプトを開き、「testlimit64.exe -d -c 1024」と入力する。(※Testlimit.exe は 32ビット版なので、4GB の制限があるので注意。)

実行すると、

testlimit.exe 実行前

testlimit.exe 実行後

となる。

(3) コマンド詳細

(3-1) 使い方

testlimit [[-h [-u]] | [-p [-n]] | [-t [-n [KB]]] | [-u [-i]] | [-g [object size]] | [-a|-d|-l|-m|-r|-s|-v [MB]] | [-w]] [-c [count]] [-e [seconds]]

(3-2) オプション

-aLeak Address Windowing Extensions (AWE) memory in specified MBs (default is 1).
-cCount of number of objects to allocate (default is as many as possible). This must be the last option specified.
-dLeak and touch memory in specified MBs (default is 1).
-eSeconds elapsed between allocations (default is 0).
-gCreate GDI handles of specified size (default 1 byte). Specify a size of 0 to cause GDI object exhaustion.
-hCreate handles. Specify -u to also allocate file objects.
-iExhaust USER desktop heap.
-lAllocate the specified amount of large pages (rounded to large size multiple.
-mLeak memory in specified MBs (default is 1).
-pCreate processes - add -n to set min working set. Add -n to set min working set of processes to smallest.
-rReserve memory in specified MBs (default is 1).
-sLeak shared memory in specified MBs (default is 1).
-tCreate threads - add -n to specify minimum stack reserve (in KB).
-uCreate USER handles to menus.
-vVirtualLock memory in specified MBs (default is 1).
-wReset working set minimum to highest possible value.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です