[PHP] Apache+PHP環境で、環境変数を使用する

PHP

スポンサーリンク


Apache+PHPで環境変数 TMP を使用する方法のメモ書き。
Apache Environment セクションに追加する方法と、Environment セクションに追加する方法の2つを紹介する。

(1) 動作確認環境

PHP 5.6
Apache 2.4

(2) デフォルト状態の環境変数 TMP を確認する。

phpinfo() で Environment セクションを確認すると、C:Windowds\Temp。
Apache Environment セクションには、TMP の項目がない。

(3) Apache Environment セクションに追加する。

Apache の httpd.conf(環境によっては、httpd-vhosts.conf)に SetEnv を記述する。

Apache を再起動し、phpinfo() で「Apache Environment セクション」と「PHP Variables セクション」を確認すると、TMP が追加されている。
ただし、Environment セクションは変更されていない。


うまく追加されない場合は、Apache の環境変数から関連モジュールを確認するとよい。

(4) Environment セクションに追加する。

Apache サービスの起動を bat ファイル経由にする。
そのためには、まず環境変数を設定した Apache 起動バッチファイルを作成する。

次に、このバッチファイルをサービスから呼び出すようする。
サービスの「実行ファイルのパス」はレジストリを直接編集して変更する。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Apache24
ImagePath でバッチファイルのパス指定。環境変数を設定。

Apache を再起動し、phpinfo() で「Environment セクション」を確認すると、TMP が追加されている。

以上。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です