[簡単!] さくらインターネットのライトプランで WordPress(SQLite)を動作させてみた

Other

スポンサーリンク


さくらインターネットのレンタルサーバーで WordPress を使う場合は、通常は MySQL の使用できるスタンダード以上の高額プランにする必要がある。だが、SQLite を使用することで、ライトプランでも動作させることができる。今回は、その手順を紹介する。

(1) 動作確認環境

2018-01-20 動作確認
WordPress 4.9.2
SQLite 1.8.1

(2) ダウンロード

  1. WordPress のサイトから wordpress-4.9.2-ja.zip をダウンロードする。
  2. SQLite のサイトから sqlite-integration.1.8.1.zip をダウンロードする。
  3. それぞれを解凍する。

(3) 配置

  1. 「sqlite-integration」フォルダ全てを「wordpress/wp-content/plugins」に移動する。
  2. 「sqlite-integration」フォルダの直下にある「db.php」ファイルを「wordpress/wordpress/wp-content/db.php」にコピーする。

(4) 設定ファイルの編集

  1. 「wordpress]フォルダの中にある「wp-config-sample.php」をコピーし、「wp-config.php」とリネームする。
  2. 「wp-config.php」をエディタで開き、以下の内容を編集する。

※注意事項

Windows の “メモ帳” でこのファイルを編集しないでください !
必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存すること。
わたしは、無料で使える秀丸を使用した。

(4-1) データベースの設定変更

適当な値に変更する。

・WordPress のためのデータベース名
define(‘DB_NAME’, ‘database_name_here’);
・SQLite データベースのユーザー名
define(‘DB_USER’, ‘username_here’);
・SQLite データベースのパスワード
define(‘DB_PASSWORD’, ‘password_here’);
・SQLite のホスト名
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);

(4-2) 認証用ユニークキーの生成

それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更する。
WordPress.org の秘密鍵サービスで自動生成し、その内容に入れ替えると良い。
後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできる。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになる。

define(‘AUTH_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘SECURE_AUTH_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘LOGGED_IN_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘NONCE_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘AUTH_SALT’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘SECURE_AUTH_SALT’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘LOGGED_IN_SALT’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘NONCE_SALT’, ‘put your unique phrase here’);

(4-3) WordPress データベーステーブルの接頭辞

それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress をインストールすることができる。半角英数字と下線のみを使用すること。

$table_prefix = ‘wp_’;

(4-4) 開発者へ: WordPress デバッグモード

この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示することができる。
WordPress では、テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨している。
※その他のデバッグに利用できる定数については Codex をご覧ください。

define(‘WP_DEBUG’, false); –> define(‘WP_DEBUG’, true);

(5) アップロード

FFFTPでアップロードする。手順は以下のとおり。

  1. 「ホスト一覧」ダイアログの新規ホストボタンをクリックする。
  2. 「ホストの設定」ダイアログでは、ホストの設定名は分かりやすい名前を適当に付けるとよい。以下の設定以外は入力およびチェックは不要。
    • ホスト名・・・FTPサーバ
    • ユーザ名・・・FTPアカウント
    • パスワード・・・パスワード
  3. OKをクリックする。
  4. アップロードする際のファイルのパーミッションは、とりあえず705にする。メニュー[オプション]-[環境設定]から[転送3]タブを開き、「アップロードするファイルの属性」を「*.*」「705」にする。※サイト公開前には適切なパーミッションにすること。
  5. /home/ホスト名/www 直下に アップロードする。

※もしアップロードできない場合は、「ホストの設定」の「暗号化」タブにて、「暗号化なしで接続を許可」にチェックして実行してみる。

(6) インストール

  1. http://xxx.com/wp-admin/install.php をブラウザのアドレスバーに入力する。
  2. 「ようこそ」ページが開くので、必要事項を入力する。
  3. WordPressをインストールボタンをクリックする。

以上で、完了。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です