[Wireshark] キャプチャ・フィルターと表示フィルター

Other

スポンサーリンク


Wireshark は、すべてのデータをキャプチャしているので、データ量が多くなって困っていたが、どうやら最近の Wireshark には、キャプチャ用のフィルターと表示用のフィルターがあるとのことなので、調べてみた。

(1) キャプチャ用のフィルター

キャプチャ前にキャプチャの対象とするデータを選択するのに用いる。
特定のホストからのパケットのみを取得する場合、host 192.168.1.10 とする。

  • メリット
    キャプチャするデータのサイズを制限できる。
  • デメリット
    当然ながら取得していないデータを探すことができない。

(2) 表示用のフィルター

キャプチャしたデータを選択するのに用いる。

  • メリット
    すべてのデータからフィルタできる。
  • デメリット
    長時間キャプチャした場合、データのサイズが膨大になる。

以上

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です