[C#] DLL や Win32 API の関数を C# から呼び出して、使う(P/Invoke の場合)

C#

スポンサーリンク


マネージドコード(C#, VB.NET etc)で開発していると、プラットフォームのネイティブコードを使いたいことがある。

方法としては、以下の2つがある。

今回は「P/Invoke」を使用し、(1) 普通に実装する場合 (2) 関数宣言の出力ツールで実装する場合をそれぞれ説明していく。

(1) 普通に実装する場合

サンプルとして、user32.dll の GetWindowText 関数を使ってみる。

この関数は、以下のように定義されている。

(1-1) 関数宣言

規則に従って以下のように関数宣言する。
(※本記事では、規則の説明はしない。)

(1-2) 呼び出し

宣言した関数を使う。

(2) 関数宣言の出力ツールで実装する場合

(1) のようにシンプルだと良いが、呼び出す関数の引数が多かったり、宣言する関数の量が多いと、面倒になる。そこで、関数宣言のコードを自動生成してくれるツールを使用する。

(2-1) インストール

CLRInsideOut2008_01.exe ダウンロードする。

ダウンロードした CLRInsideOut2008_01.exe をダブルクリックするとインストーラーが起動するので、適当なディレクトリーへインストールする。

(2-2) 起動

インストールディレクトリへ移動し、winsiggen.exe をダブルクリックする。

「P/Invoke Interop Assistant version 1.0」を起動する。

今回は「SigImp Translate Snippet」タブを使用するので、クリック。

各タブの説明は以下のとおり。(Google翻訳)

  • SigExp:管理されたバイナリをC ++ Reverse PInvokeシナリオに変換する。
  • SigImp Search:よく使われる関数を検索し、それをマネージコードに変換する。
  • SigImp Translate Snippet:Cコードを管理PInvoke署名に直接変換する。

(2-3) 関数宣言コードの生成

① Native Code Snippet に、使用する DLL 側の関数の定義をコピーする。

② Generate ボタンをクリックすると、

③ C# に記載する関数宣言が生成される。これをコピーし、ソースコードに貼り付ける。

ちなみに、自作したDLLの場合は、DLL 名を判断できないため「Unknown」と出力されるので、適切なDLL名に置き換える必要がある。

(2-4) 構造体のコード生成

関数宣言コードの時と同じように、「Native Code Snippet」に構造体を貼り付けると、出力できる。

(3) 参考サイト

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です